ブログサイトの記事の書き方【完全版】

問題解決

初めて独自ドメインのブログサイトを作る方に向けて、自分の経験を踏まえて作り方、書き方を記録します。

はじめに

iPhoneだけで独自ドメイン、レンタルサーバーを契約し、WordPressインストール型のブログサイトを公開しています。

1から10まで記録しますので、基本的にここに書いているとおりにやれば、スマートフォンだけで独自ドメインのブログサイトができます。

独自ドメインの取得、レンタルの契約と設定、WordPressのインストール、お試し投稿まで一連の手順をご説明します。

▪️使ったサービス

・お名前.com

・さくらインターネット

・WordPress

他のドメイン取得やレンタルサーバーでも同様となりますので、参考になさってください。

ドメインの選び方

基本的には空いているドメインなら、好きなものでよいです。もしアクセス数を伸ばしたい、収益化を検討しているということであれば以下にご留意ください。

・com、net、jpあたりがよい

・サイト名と合わせる

・短めのドメインにする

info、bizは安いですが、以前に迷惑サイトなどで大量に使われた経緯があり、Googleの検索エンジン上、不利になると言われています。また、もし過去に不適切に使われたドメインを使ってしまうと、検索エンジンの評価が悪い状態を引き継ぐ恐れもあります。

ドメイン名は考えているサイト名、内容と整合したほうが無難です。そのジャンルで検索したとき、サイト名で検索したときにドメインが同様の文字列だと有利になりやすいです。

短めのドメインというのは、人が覚えやすいということです。これは訪問者もそうですが、自分も覚えやすいということです。設定などでドメイン名を入力する機会は結構あります。

ドメインを取得する

わたしはお名前ドットコムを使いました。独自ドメインの歴史ある大手ですし、取得の簡単さもあります。昔言われていたWhois情報公開代行の不親切さも解消しています。

1.お名前.comのサイトを開く

2.検索窓から希望のドメインを検索

せず、名称のみでよいです。

3.価格が表示されれば空いているので選択


一覧が表示されます。価格が表示されないトップドメインはすでに空いていません。メールマークは空いたら取得できる予約が可能ですが、いつになるか分かりません。

4.支払方法を選択、入力して進む

クレジットカード、銀行振込等が選択できます。Amazonペイも使えますので、Amazonにクレジットカードを登録している方は面倒なクレジットカード情報入力を省略できます。

5.登録する

Whois情報登録代行は自動で行われます。代行とはドメインの取得者が公開されるのですが、自分の連絡先、住所の代わりにお名前ドットコムの連絡先、住所で代理登録されるサービスです。個人情報をインターネット上にさらさないで済むので、基本的に代行を利用します。

以前は初期選択が代行にならず、代行チェックボックスを選択せずに契約してしまう人が多く発生して問題になりました。いまは改善しています。

レンタルサーバーを契約する


取得したドメインを登録して、実際にコンテンツを置くサーバーを借ります。レンタルサーバーは独自ドメインのブログサイトでも普通のやり方ですので問題ありません。

1.さくらインターネットのトップページを開く

レンタルサーバーの契約プランが並んでいます。おすすめはスタンダードプラン月額515円です。ブログサイトの構築に使うWordPressが使える構成になっており、最安値のプランです。

ブログサイトではエックスサーバーが多数の同時アクセスに強く、ページ表示スピードの速さで人気ですが、月額料金が倍します。なので、アクセス数が少ない間はいったんさくらインターネットで十分です。

2.スタンダードプランの申し込み

クリックして、次のページで初期ドメインを入力します。

ここでは覚えやすい好きな文字列でよいです。

入力したらお支払い方法の選択をクリック。

3.会員登録する

必要事項を記入して登録します。

4.クレジットカード情報の登録

次に支払に使うクレジットカード情報を会員サイトで登録します。支払方法が銀行振込、請求書払いの場合は不要です。

5.プラン契約の支払い登録

これで契約は完了です。

レンタルサーバーにドメインを設定する


1.さくらインターネットの設定画面

設定画面にアクセスします。


少し分かりにくいですが、慣れれば大丈夫です。

上部の契約情報→契約サービスの確認をクリック

サーバ設定をクリック

2.ドメイン設定

左メニューからドメイン/SSL設定をクリックします。

3.新しいドメインの追加をクリック

4.最下部にある、他社で取得したドメインを移管せずに使う、にあるリンクをクリック

5.ドットコムで取得したドメインを入力して、送信する、をクリック

レンタルサーバーにMySQLのDBを作成する


WordPressを使うために、その情報を格納するデータベース領域を作成します。

1.同じくサーバー設定画面の左メニューから、データベースの設定をクリック

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
語を入力して、データベースを作成をクリック

 

レンタルサーバーにWordPressをインストールする


1.WordPressのインストール

WordPressはレンタルサーバー上の自分の領域にインストールして使います。

同じく左メニューから、クイックインストールをクリックします。

独自ドメインではなく、さくらインターネット契約時のドメインを選択してください。入力欄は独自ドメインの抜粋など適当に。wpとかでもよいです。

データベースは先程作成したものが初期選択されていると思います。

パスワードは忘れないものを入力してください。

テーブルの接頭語はそのままでよいです。

インストールをクリック。

ここまでで、もうあなたのブログサイトは出来ている状態です。

ブラウザから表示するために次の手順です。

お名前.comでネームサーバを設定する


1.お名前ドットコムの設定画面にアクセスします。

お名前.comの設定画面

会員IDは届いているメールにも書いてあります。

3.上部タブからドメイン一覧を選択

さくらインターネット指定のネームサーバアドレスを入力してください。

  • ns1.dns.ne.jp
  • ns2.dns.ne.jp

7.確認画面に進み、登録します

ここまででネームサーバの登録ができました。

構築完了!


これで自分の独自ドメインのサイトにアクセスできます。

ブラウザでアクセスしてみる


ブラウザに独自ドメインのURLを入力してアクセスしてみてください。

WordPressの画面が表示されたと思います。初めてだと少し感動しますよね。

もし表示されない場合はネームサーバの登録に時間がかかっているので、しばらく様子を見てください。数時間必要な場合もありますので、心配しなくて大丈夫です。

それでも表示されない場合はここまでの設定を見直してください。

おわりに


このあとはWordPressの設定をカスタマイズしたりありますが、投稿はできる状態ですのでテスト記事の投稿などお試しください。

よいブログライフになることをお祈り申し上げます。

コメント